MP

◇6月25日(土)
高円宮杯JFA U18サッカーリーグ2022三重
3部リーグB第6節  メイハンフィールド
 津西 0−1(前半0-0) 近大高専2nd

4部リーグC第3節  スポーツの杜鈴鹿 
 津西2nd 0−1(前半0-0) 桑名工業

 両会場とも、猛暑でスタート、途中で雷鳴で中断。この節に向けて期末考査期間中、限定的な時間の中で準備してきました。それだけに勝ちたかった、いや、負けたくなかったゲームを落とし、勝点積み上げはともになりませんでした。
 中断後、先にゲームが終わったのは、4部の2ndチーム。自分達で決めたスタメンと戦術を確認して、3年生の多い桑名工業に果敢にチャレンジし、交替枠もフルに使い、何度か決定的なチャンスをつくり出したものの、終了間際の相手FKのこぼれ球をプッシュされて失点。直後、試合終了のホイッスルを聴くというなんとも悔しい試合を経験しました。
 トップチーム3部は、後半に失点し、残り10分を残し、雷雨で中断。そのまま再開できず、リーグ規定によりゲーム成立となり第6節で初の敗戦を喫しました。
 大切のことは、敗戦から何を学び、何を練習に持ち帰り、二度と同じ思いをしないことです。敗戦を真摯に受け止め、前を向き、再チャレンジ!!このチームでもっともっと出来ることを増やそう!!
 4部リーグの試合前審判は、本校女子サッカー部OGの佐藤さんが務めてくれました。上級レフェリー目指して修行中の彼女も、男子のスピードに負けない頑張りが光ってました。
MP
 さあ、一旦期末考査に切替えましょう。テストで悔しい思いをしたくないからね。